システム環境設定のソフトウエア・アップデート表示が無視できなくなったmacOS 11 Big Surのインストーラアプリの起動をブロックする「Big Sur Blocker」がリリース。

スポンサーリンク

 システム環境設定のソフトウエア・アップデート表示が無視できなくなったmacOS 11 Big Surのインストーラアプリの起動をブロックする「Big Sur Blocker」がリリースされています。詳細は以下から。

macOS 11 Big Surのロゴ

 AppleのmacOSは2019年にリリースされたmacOS 10.15 Catalinaまで、softwareupdateコマンドにメジャーアップデートを無視する(–ignore)オプションが用意され、システム環境設定のソフトウエア・アップデートパネルにメジャーアップデートを表示させないようにすることが可能でしたが、

AppleはWWDC20で発表した通り、macOS 10.15.6 CatalinaでMDM管理されたMacに対して、この(–ignore)オプションを再び使えるようにしているものの、エンドユーザー環境ではBig Surのアップデート表示を消すことができなくなっています。

macOS 11 Big Surは無視できない

スポンサーリンク

Big Sur Blocker

 この問題に対し、フィンランドの大学のシステム管理者であるHannes Juutilainenさんが、macOS 11 Big Surのインストーラアプリが起動するとアプリを強制終了しブロックしてくれる「Big Sur Blocker」をリリースしています。

The bigsurblocker binary is installed in /usr/local/bin and is launched for each user through a launch agent. This means that the binary is running in the user session and therefore has the privileges of the current user. It runs silently in the background and listens for app launch notifications. As soon as the user launches the macOS installer application, the binary (forcefully) terminates it and displays a warning message.

hjuutilainen/bigsurblocker: Block Big Sur installer app from launching – GitHub

 Big Sur Blockerはシステム環境設定のソフトウエア・アップデートにあるBig Surへのアップグレード通知を消してくれるわけではありませんが、インストールしておくとBig Surのインストーラーの起動をブロックしてくれるので、Big Surのインストール画面を見たくない方は試してみてください。

Big Sur Blocker

おまけ

 macOS 10.15.7 CatalinaでmacOS 11 Big Surのアップグレード通知を消そうとすると、ignoreは非推奨で、この機能自体が将来のmacOSで廃止されることが通知されます。

The ability to ignore individual updates will be removed in a future release of macOS.

$sudo softwareupdate --ignore 'macOS Big Sur'
Ignored updates:
(
)

Software Update can only ignore updates that are eligible for installation.
If the label provided to ignore is not in the above list, it is not eligible
to be ignored.

Ignoring software updates is deprecated.
The ability to ignore individual updates will be removed in a future release of macOS.

 また、Appleは旧macOS同様、ストレージ容量に余裕のあるMacに対し、Big Surの自動配信(ダウンロード)&通知を行うとシステム管理者向けに通知しているので、

macOS Big Sur を自動で入手する

OS X El Capitan v10.11.5 以降を使っていて、App Store の環境設定またはシステム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」で新しいアップデートが公開された時点でダウンロードするように設定している場合、macOS Big Sur は邪魔にならないようにバックグラウンドでダウンロードされるので、アップグレードが一段と簡単になります。

macOS Big Sur にアップグレードする方法 – Apple サポート

Big Surが必要のない方はMac App Storeの設定、またはシステム環境設定のソフトウエア・アップデートの[詳細]で「✅新しいアップデートがある場合はダウンロード」のチェックを外しおておいてください。

macOS Big Sur automatically

自動ダウンロード機能はテザリング環境などでは機能しませんが、Big Surのインストーラーは12GBを超えMac OS X 10.7 Lion以降で最大になっています。