Apple、macOS 11 Big Surのリリースを前にゼロデイ脆弱性を修正した「macOS 10.15.7 Catalina Build 19H15」のインストーラーアプリを公開。

スポンサーリンク

 Apple、macOS 11 Big Surのリリースを前にゼロデイ脆弱性を修正したmacOS 10.15.7 Catalina Build 19H15のインストーラーアプリを公開しています。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 Appleは日本時間の2020年11月13日(金曜日)にデザインを刷新しApple Silicon MacをサポートしたmacOS 11 Big Surをリリースしますが、Appleはそれに合わせて、11月05日にリリースしたmacOS Catalina 10.15.7追加アップデートを適用したmacOS 10.15 CatalinaのインストーラーアプリをMac App Storeで公開しています。

macOS Catalina 10.15.7追加アップデート

 macOS Catalina 10.15.7追加アップデートではGoogle Project Zeroによって報告され、既に被害が報告されている3件のゼロデイ脆弱性が修正されており、例年、新しいmacOSのリリース後は前macOSのリリースが一時的にダウンロードできない状態になるので、macOS Catalinaのクリーンインストールなどを近く行う予定のある方は事前にインストーラーアプリをダウンロードしておくことをお勧めします。

macOS 10.15 Catalinaの新機能

macOS 10.15 Catalinaの新機能やインストール方法を記載したサポートページは既に消え始めています。