元AppleのMailエンジニアがGmailに特化したmacOSネイティブのメールクライアント「Mimestream」を開発し、Betaユーザーを募集中。

スポンサーリンク

 元AppleでMailアプリの開発を担当していたエンジニアがGmailに特化したMac用ネイティブ・メールクライアント「Mimestream」を開発しBetaユーザーを募集中しています。詳細は以下から。

Mimestream native macOS email client for Gmail

 Mimestreamは元AppleでApple Mailアプリやフレームワークのエンジニアリングマネージャーを7年担当したNeil Jhaveriさんが2019年末から開発を続けてきたmacOSネイティブのメールクライアントで、GoogleのGmailに最適化された機能が特徴ですが、このMimestreamがBetaユーザーを募集しています。

Mimestream native macOS email client for Gmail

Made for Mac, optimized for Gmail
As a native app written in Swift, Mimestream leverages the full power of macOS to deliver a lightning-fast and instantly familiar experience. Instead of using the IMAP protocol, Mimestream utilizes the Gmail API to enable an enhanced set of features that let you work with ease.

A native macOS email client for Gmail – Mimestream

 MimestreamはmacOSネイティブでGmailに特化されている分、軽量でmacOSの通知機能、トラックパッドのスワイプジェスチャーキー、ボードショートカットと、オフラインアクセスやメールエイリアス、署名、トラッキング防止、ラベル機能などが利用可能です。

 Mimestreamは最新のSwiftUIを利用して開発されているためシステム要件はmacOS 10.15 Catalina以上で、リリース版はMac App Storeで有料となる予定となっていますが、現在公開しているBeta版は無料で、次期macOS 11 Big SurサポートやiOS/iPadOSアプリの開発も進んでいるそうなので、Appleのメールアプリでは物足りない方は試してみてください。

MimestreamはSwiftUI製でmacOS 11 Big Surをサポート