PlaySomeToys、初代iPod風デザインのフィギュア「iBoy」の発売キャンペーンをKickstarterで開始。

スポンサーリンク

 PlaySomeToysが初代iPod風デザインのフィギュア「iBoy」の発売キャンペーンをKickstarterで開始しています。詳細は以下から。

iBoy Coming to Kickstarter

 Macintosh Classicのデザインを模したフィギュアClassicbotやiMac G3デザインのフィギュアiBot G3などを発売している香港の玩具メーカーPlaySomeToysは現地時間2020年03月17日、新しいフィギュア「iBoy」の発売キャンペーンをクラウドファンディングサイトKickstarterで開始したと発表しています。

iBoy retro toy figure from Classicbot

A heartfelt homage to the must-have device that transformed everyone’s listening habits in the early 2000s, iBoy toy figure is the brainchild of Classicbot’s designer, Philip Lee. The end result is an eye-catching talking point that’s sure to brighten up homes and offices everywhere.

iBoy retro toy figure from Classicbot — Kickstarter

 iBoyはAppleが2001年に発売したiPod(第1世代)風のデザインで再現されており、手足は磁石式で取り外し好きな位置につけることが可能なほか、ボディーのコントロールボタンやイヤホンジャック、IEEE 1394(FireWire 800)ポートなども再現されているそうです。

iBoyの可動域

イヤホンは耳として付いています。

 iBoyの筐体はABSプラスチック製で立たせた状態での大きさは約10cm、重さ100g。キャンペーンの目標資金額は6万8千香港ドル(約94万円)で、出資者(Super Early Bird)は280香港ドル(約3,840円)からiBoyを1つ2020年11月に発送してもらえるそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。

 *2020年11月というのはコロナウイルスの影響を考え04ヶ月のバッファ(余裕期間)を持たせた期限で、本来ならば製作に2ヶ月ほどしかかからないそうです。

The effect of the Coronavirus
Of course, no one can estimate how the virus will affect everyone. But we have built a lot of buffer in our delivery time. Since the mold is finished, we only need two months for production after the funds arrive. Supposedly we can ship everything in July. But we want to give ourselves a 4 months buffer for any unexpected event. At this moment the factory has reopened and started production in a cautious manner.

iBoy retro toy figure from Classicbot — Kickstarter