macOS 10.15.4 Catalina Beta2ではMac Pro (2019)で利用可能なPCIeアクセラレータカード「Apple Afterburner」用の新しいPro Resプラグインがテストされているもよう。

スポンサーリンク

 macOS 10.15.4 Catalina Beta2ではMac Pro (2019)で利用可能なPCIeアクセラレータカード「Apple Afterburner」用の新しいPro Resプラグインがテストされているようです。詳細は以下から。

Apple Afterburner card

 AppleがMac Pro (2019)と同時に発売を開始したPCIeアクセラレータカードApple Afterburner カードFinal Cut Pro Xで8K DCI ProRes RAWの最大6ストリームや4K DCI UHD ProRes RAWの23ストリーム再生を可能にする他、Motion、Compressor、QuickTime PlayerでCPUにかかる負担を軽減し、デコードを高速化してくれますが、

Levvel, LLCでリードエンジニアで現在はMacRumrosのエディタもされているSteve Moserさんによると、Appleは本日開発者向けに公開したmacOS Catalina 10.15.4 beta 2 Build 19E234gでApple Afterburnerカード用の新しいProResデコードプラグインをテストしているそうです。

/System/Library/Video/Plug-Ins

 新しいプラグインは名前(AppleAfterburnerProResDecoder.bndle)を見る限り、AppleのProResコーデック専用のデコーダーのようですが、AppleはmacOS CatalinaとAfterburnerカードで既にProResのデコードに初期対応しているので、パフォーマンスのアップデート程度になるかもしれません。

AppleAfterburner ProRes Decoder

Afterburnerは何をしてくれますか?
Afterburner は、ProRes/Pro Res RAW ビデオファイルのマルチストリームのデコードや再生を高速化してくれます。

Mac Pro (2019) の Afterburner アクセラレータカードについて – Apple サポート

スポンサーリンク

追記

 macOS 10.15.3 Catalinaでも以下のディレクトリにProRes用デコードプラグインが存在しますが、macOS 10.15.4のプラグインはバージョンが異なります。

AppleAfterburnerProResDecoder.bndle

/System/Library/Video/Professional Video Workflow Plug-Ins

コメント

  1. 匿名 より:

    GPUの高性能化のスピードがまだまだ衰えていないからAfterburnerは失敗じゃないかなぁ。
    昔、処理能力が足りなくて専用のDSPを載せたAVシリーズがあったけれど、1世代しかもたなかったのを思い出す。

  2. 匿名 より:

    Macでしか動かない物は、リスクと捉えるほうが良いね。
    アップル純正ソフトやそれの専用ハードは、リスクだね。

    • 匿名 より:

      FCP や Logic Pro の win 版は無い
      win は 64-bit Unix ベースではなく 16-bit MS-DOSベース
      MacPro に比肩もしくは超える性能の winPC は存在さしない

  3. 匿名 より:

    こういう奴、Macユーザーとして恥ずかしい