macOS 10.13およびiOS 11に搭載される「Safari 11」はWebRTCやWebAssemblyなどをサポート。

スポンサーリンク

 macOS 10.13およびiOS 11に搭載される「Safari 11」はWebRTCやWebAssembly, Auto-Play blocking機能などがサポートされるそうです。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現在、WWDC 2017の各セッションを開催していますが、WebKitチームでAppleのスピーカーとして登壇するRicky Mondelloさんによると、macOS 10.13およびiOS 11に搭載される「Safari 11」ではリアルタイムコミュニケーション用API「WebRTC」や「WebAssembly API」、「Auto-Play blocking」などがサポートされるそうです。

Highlights of Safari 11.0

  • Web conferencing. Implements peer to peer conferencing with the WebRTC standard.
  • Metrics. Test your code using new tools for measuring code and network performance.
  • WebAssembly. Your web apps are smaller and load faster when written with the new WebAssembly format.
  • New WKWebView APIs. Your apps can now capture snapshots, handle custom URL schemes, more effectively manage cookies, and implement web content filtering.

Safari 11.0 – Apple

 多くの機能は既にSafari Technology Previewで開発者向けに提供されていますが、その他にも「Media Capture API」や「Variable fonts」などのAPIや機能がサポートされ、Google Chromeと比較してJavaScriptパフォーマンスは約80%高く、バッテリー消費量や新しいプライバシー設定も搭載されているそうなので、興味のある方は”What’s New in Safari”ページをチェックしてみて下さい。

Safari 11とGoogle ChromeのJavaScriptベンチマーク。

コメント

  1. 匿名 より:

    わかりやすく端的な速報記事、誠にありがとうございます