VimのキーバインドでSafariを操作できるオープンソースの機能拡張「Vimari」がSafari 13に対応しMac App Storeでリリース。

スポンサーリンク

 VimのキーバインドでSafariを操作できるオープンソースの機能拡張「Vimari」がSafari 13に対応しMac App Storeでリリースされています。詳細は以下から。

Vimari for Safari

 Vimariは米LiftoffのエンジニアPhil CrosbyさんがChrome向けに開発した、VimのキーバインドでChromeを操作できる機能拡張VimiumをニュージーランドのDaniel ComptonさんがSafari用にポートした機能拡張で、Vimiumと同じくVimのキーバインドでSafariを操作できますが、このVimiumがレガシィ機能拡張を廃止したmacOS 10.15 CatalinaのSafari v13向けに、Mac App Storeで公開されています。

Vimari Safari keyboard based navigation

Vimari is a Safari extension that provides keyboard based navigation. The code is heavily based on Vimium, a Chrome extension that provides more extensive features.Vimari provides a lightweight port of Vimium to Safari, taking the best components of Vimium and adapting them to Safari.

Vimari – Mac App Store

 Vimariの基本的な使い方はk/j/h/lでページ内をスクロール、fキーでリンクをハイライトして、リンクに表示されるキーをタイプすることでリンク先に移動できます。また、Page/Tabナビゲーションも備えており、ページを戻る/進むやタブの移動も可能なので、Vi/Vimユーザーの方は試してみてください。

Vimari for Safari

Keyboard Bindings

In-page navigation

  • f : Toggle links
  • F : Toggle links (open link in new tab)
  • k : Scroll up
  • j : Scroll down
  • h : Scroll left
  • l : Scroll right
  • u : Scroll up half page
  • d : Scroll down half page
  • g g : Go to top of page
  • G : Go to bottom of page

Page/Tab navigation

  • H : History back
  • L : History forward
  • r : Reload
  • w : Next tab
  • q : Previous tab
  • x : Close current tab
  • t : Open new tab