Swift 5を使用しAppleの公証を取得したmpvベースのMac用多機能動画プレイヤー「IINA v1.0.5」がリリース。

スポンサーリンク

 mpvをベースにSwift化されたMac用多機能動画プレイヤー「IINA」が、Swift 5を使用しAppleの公証を取得した「IINA v1.0.5」をリリース。詳細は以下から。

Mac用動画プレイヤー「IINA」のアイコン

 IINAはミネソタ大学のYuze Jiangさんや香港城市大学のCollider LIさんら中心となり、2017年から始まったオープンソースでクロスプラットフォームに対応した動画プレイヤー「mpv/MPlayer」をSwiftベースでMacに移植するプロジェクトで、昨年01月にはIINA for Mac v1.0.0がリリースされましたが、このIINA for Macのv1.0.5アップデートがリリースされています。

Appleの公証を取得したIINA for Mac

IINA is now notarized so that no warning will show when you try to install it on Catalina.
Due to the more strict security requirement of notarization, it cannot load dylibs automatically from your system path anymore. This might be a breaking change if you previously use your custom mpv build by only deleting the libmpv.1.dylib from IINA’s package.

lhc70000/iina: The modern video player for macOS. – GitHub

 IINA for Mac v1.0.5は新たにSwift 5を利用してコンパイルされた他、チャプター情報に等幅フォントが採用され、ポーランドとトルコ語のローカライズが追加されており、アプリとしてはAppleが野良アプリに対し2020年02月までに求めているAppleの公証サービス(Apple Notary Service)を初めて通過したバージョンとなっています。

Appleの公証を取得したIINA for Mac

 これにより、IINAはmacOS 10.15 CatalinaでもGatekeeperにブロックされずに実行することができますが、Appleの公証を取得するために、mpvのカスタム・ビルドをライブラリに利用していたユーザーは”libmpv.1.dylib”をIINAアプリのframeworksディレクトリに移動する必要があるので、ユーザーの方は注意してください。

IINA for Mac