Xcodeのリリース情報をMacのメニューバーからチェックできるアプリ「Tailor」が各バージョンのグループ化やSuffixを追加。

スポンサーリンク

 Xcodeのリリース情報をMacのメニューバーからチェックできるアプリ「Tailor」が各バージョンのグループ化やSuffixの追加したそうです。詳細は以下から。

Tailor

 ドイツBearologicsのiOSエンジニアのMarcus Kidaさんは現地時間2019年11月20日~12月01日にかけて、MacのメニューバーからこれまでにリリースされたXcodeのバージョン情報やリリースノートをチェック&ダウンロードできるユーティリティアプリTailorのv2.1/v2.2をリリースしたと発表しています。

v2.1:In this release we’ve grouped all separate releases / builds from distinct Xcode versions, so the menu bar item won’t be spammed with separate releases.
v2.2:We’ve added the release type suffix to the list of builds available for a specific Xcode version.

Bearologics/Tailor: An OS X status bar app to quickly check for new releases at Xcodereleases.com – GitHub

 Tailor v2.1では新たにXcodeがバージョンによりグループ分けされ確認しやすくなったほか、v2.2ではBuild NumberだけでなくBetaやDeveloper Preview, GM Seed, GMといったSuffixが追加されています。

Tailor for Xcode

 また、Tailor v2.xはAppleの公証を取得し、macOS 10.15 CatalinaでもGatekeeperにブロックされることなく起動できるようになっているので、Xcodeユーザーの方はチェックしてみてください。

TailorがAppleの公証を取得

Tailorは元AppleのソフトウェアエンジニアだったDave DeLongさんが公開している「Xcode Releases」のデータを利用しており、XcodeのダウンロードはAppleの公式(CDN)を利用しているため既にダウンロードできないバージョンもいくつかあります。