Apple、次期watchOS 6で新しい文字盤やオーディオブック、ボイスメモ、計算機アプリを追加し、Apple Watchのみのアプリを提供可能に。

スポンサーリンク

 Appleが次期watchOS 6で新しい文字盤やオーディオブック、ボイスメモ、計算機アプリを追加し、Apple Watchのみのアプリを提供可能にするそうです。詳細は以下から。

Apple Watchアイコン

 Appleは現地時間2019年06月03日から米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催している「WWDC 2019」の基調講演にて、次期「watchOS 6」を発表しました。

watchOS 6

スポンサーリンク

watchOS 6

 watchOS 6では新たにデジタル/アナログの文字盤や新色のカラーが追加され、Taptic Chimes(タプティック・チャイム)というTaptic(触覚)と音を利用した時報が設定できるようになるそうです。

watchOS 6

クリックで拡大

 また、Apple公式のwatchOSアプリにオーディオブックとボイスメモ、計算機アプリが追加されることも発表されました。

watchOS 6

 そして、wachOS 6ではこれまでiPhoneのコンパニオンアプリとして提供されていたwachOSアプリが独立したwatchOSのみのアプリとして提供できるようになり、iPhoneなしでアプリを検索/インストールすることやiPhoneがなくてもアップデートを受け取ることができるそうです。

watchOS 6

クリックで拡大