MacBook 12インチやMacBook Pro (2016~2017)へのLinuxインストール時に問題となっていたSPIキーボードとトラックパッド用のドライバがレビューに。

シェアする

スポンサーリンク

 MacBook 12インチやMacBook Pro (2016~2017)へのLinuxインストール時に問題となっていたSPIキーボードとトラックパッド用のドライバがレビューになったそうです。詳細は以下から。


 AppleはUSB-Cポートを採用したMacBook (12インチ, 2015)モデル以降およびApple T1やTouch Barを採用したMacBook Pro (2016~2017)でHuman Interface Device(以下、HID)を変更し、新しいSPI接続のキーボードとトラックパッドが採用されたため、これらのモデルではLinuxをインストールする際にパッチを適用するか外部キーボードとマウスが必要となっていました。

This changeset adds a driver for the SPI keyboard and trackpad on recent MacBook’s and MacBook Pro’s. The driver has seen a fair amount of use over the last 2 years (basically anybody running linux on these machines), with only relatively small changes in the last year or so.

[PATCH 0/2] Add Apple SPI keyboard and trackpad driver – LKML.org

 その後発売されたMacBook Pro (2018)では新しいApple T2コントローラー(iBridge Bus)以下にUSBキーボードとトラックパッド、FaceTime HDカメラなどが接続[1, 2]されましたが、Phoronixによるとそれ以前のMacBook / ProのSPIキーボードとトラックパッド用パッチが現在レビューに入ったそうで、Linux 5.1かそれ以降でアクセプトされるようなので、旧MacBook Proユーザーの方は買い替え後も手軽なLinux機として利用できるようになるかもしれません。

クリックで拡大

The Apple SPI driver will be toggled via the KEYBOARD_APPLESPI Kconfig switch and the new driver amounts to just under two thousand lines of code. The review is still ongoing on the kernel mailing list so at this stage it’s not clear if it will be deemed acceptable for getting into the upcoming Linux 5.1 cycle or have to wait longer.

Linux Might Finally See Mainline Support For The Current Apple MacBook Keyboard/Touchpad – Phoronix

コメント

  1. 匿名 より:

    もうこの先更にガチガチになっていくことが容易に想像できるし茨の道すぎる

  2. 匿名 より:

    2018だとUSBに戻ったんだよな