GIMPベースの軽量なMac用イメージエディタ「Seashore」がmacOS Mojaveのダークモードやドラッグ&ドロップでの新規レイヤー追加機能をサポート。

スポンサーリンク

 GIMPベースの軽量なMac用イメージエディタ「Seashore」がmacOS Mojaveのダークモードやドラッグ&ドロップでの新規レイヤー追加機能をサポートしています。詳細は以下から。

Seashore for Mac

 Seashoreはクロスプラットフォーム対応の多機能イメージエディタ「GIMP」をベースにThe Seashore Projectが2003年から開発しているオープンソースのイメージエディタアプリで、Cocoaを利用してMac専用に再設計され、先週から現在メンテナンスを担当されているRobert EngelsさんによりMac App Storeでの公開も開始されましたが、このSeashoreがv2.3.0へアップデートしています。

Seashore for Mac Dak Mode

  • Mojave “Dark Mode” support.
  • Now supports drags and drop as new layer from Photos, Mail, etc just drag into main document window to add the layer.

リリースノートより一部抜粋

スポンサーリンク

Seashore v2.3.0

 Seashore v2.3.0では新たにmacOS 10.14 Mojaveの新機能であるダークモードがサポートされ、アピアランスを暗くできるようになったほか、写真やメールアプリから画像をメインウィンドウにドラッグ&ドロップすることで新規レイヤーとして扱えるようになっています。

Seashore v2.2.0Seashore v2.3.0
ダークモードのサポートによりアイコンやグリフも変更されています。

 また、v2.3.0ではUIの整理やコピー&ペースト機能、切付きツールの改善、画像サイズを最大サイズのレイヤーに合わせる機能、”Alpha To Gray”フィルターなどが追加されているので、興味のある方は利用してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    うーん、かなり2.3はかなりバグい。単にツールバーが死んでるだけのようだけど=ツールバーでツール選んでもソレにならない、メニューもしくはキーボードでツールを選ぶと大丈夫のよう
    独特の操作体系になったのかと思ったら単にツールバーだけの問題のよう。とりあえず次待ち&安堵w