macOSのDockを自動非表示設定にしたさいの反応速度や表示速度を変更できるユーティリティ「Dockey」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 macOSのDockの反応速度や表示速度を変更できるユーティリティアプリ「Dockey」がリリースされています。詳細は以下から。

Dockey

 DockeyはHeader用のTwitterやFacebookのOGPコードを作成できるWebサービスHey Metaなどを開発しているオーストリアのデザイナーIgorさんが開発したmacOSのDockユーティリティで、Dockの設定をシステム設定以上に変更できる機能があります。

Dockey Advanced Dock settings

Slow Dock?
Dockey makes changing some of the more advanced Dock preferences as easy as clicking a button. With integrated preview, you can see how it would look and feel like and save changes you’re happy with the result.

Dockey – Make your Dock faster – Created by Igor

スポンサーリンク

Dockeyの使い方

 macOSのシステム環境設定アプリには「✅Dockを自動的に表示/非表示」するオプションがあり、これを有効にするとDockが自動的にディスプレイ外に隠れ、マウスポインターをディスプレイの縁に持っていくと表示されますが、

Dockを自動的に表示/非表示

Dockeyはこの「✅Dockを自動的に表示/非表示」設定を有効にしたさいに、Dockが表示される反応速度(Delay)と表示速度(Speed)を変更できる機能があり、macOSのシステム設定以上にDockの表示速度を速くしたり、反応速度を遅くして誤作動を防ぐとこもできるので、Dockの非表示設定を利用されている方は試してみてください。

Dockeyの機能

Dockeyのシステム要件はmacOS 10.13 High Sierra以上で、[Reset]をクリックすることでデフォルト設定に戻ります。