Oracle、Oracle Cloudの統合やGUIを刷新した仮想化ソフトウェア「VirtualBox 6.0」を正式にリリース。Macではvboximg-mountコマンドが利用可能に。

スポンサーリンク

 OracleがOracle Cloudの統合やGUIを刷新した仮想化ソフトウェア「VirtualBox 6.0」を正式にリリースしています。詳細は以下から。


 Oracleは現地時間2018年12月18日、クロスプラットフォームに対応した仮想化ソフトウェア「VirtualBox」のメジャーアップデートとなるv6.0.0をWindows/macOS/Linuxプラットフォームのユーザー向けに正式にリリースしたと発表しています。

VirtualBox v6.0

VirtualBox 6.0.0 (released December 18 2018)
This is a major update. The following major new features were added:

  • Implemented support for exporting a virtual machine to Oracle Cloud Infrastructure
  • User interface: greatly improved HiDPI and scaling support, including better detection and per-machine configuration
  • Major rework of user interface with simpler and more powerful application and virtual machine set-up
  • User interface: a new file manager enabling user to control the guest file system and copy files between host and guest.
  • Graphics: major update of 3D graphics support for Windows guests, and VMSVGA 3D graphics device emulation on Linux and Solaris guests
  • Added support for surround speaker setups (as used by Windows 10 Build 1809)
  • Added utility vboximg-mount on Apple hosts to access the content of guest disks on the host
  • Added support for using Hyper-V as the fallback execution core on Windows host, to avoid inability to run VMs at the price of reduced performance

Changelog-6.0 – Oracle VM VirtualBox

スポンサーリンク

VirtualBox v6.0

Oracle Cloud

 VirtualBox v6.0ではOracleが提供するパブリッククラウドサービスOracle Cloud Infrastructure (OCI)」へのエクスポート機能が統合され、Oracle VM virtualBoxマネジャーのエクスポート・ボタンから、作成した仮想マシンをOracle CloudへエクスポートしてOCからデプロイすることが可能となっています。

UI/グラフィックス

 VirtualBox v6.0はv5.2同様GUIツールキットにQt5.6.3が採用されていますが、UIが刷新されると共に、新しいファイルマネージャーがゲストとホスト間でのファイルのコピー、HiDPIやスケーリングの改善、Windowsゲストでの3Dグラフィックス、LinuxゲストでのVMSVGA 3Dグラフィックスデバイスのエミュレートなどが可能になっています。

VirtualBox 6.0.0と5.2

macOS

 また、macOSホストではOSXFUSEを利用したコマンドラインツールが”vboximg-mount“コマンドとして同梱され、ホスト側からVMのvhddをマウントできるようになったほか、

vboximg-mountコマンド

$vboximg-mount 
usage: vboximg-mount [options] <mount point directory path>

vboximg-mount options:
  [ { -i | --image= } <specifier> ]  VirtualBox disk base or snapshot image,specified by UUID, or fully-qualified path
  [ { -l | --list } ]                If --image specified, list its partitions,otherwise, list registered VMs and theirattached virtual HDD disk media. In verbosemode, VM/media list will be long format,i.e. including snapshot images and paths.
 [ { -w | --wide } ]                 List media in wide / tabular format(reduces vertical scrolling but requireswider than standard 80 column window)
  [ --vm=UUID ]                      Restrict media list to specified vm.
  [ { -p | --partition= } <part #> ] Expose only specified partition via FUSE.
  [ { -o | --offset= } <byte #> ]    Bias disk I/O by offset from disk start.(incompatible with -p, --partition)
  [ { -s | --size=<bytes> } ]        Specify size of mounted disk.(incompatible with -p, --partition)
  [ --rw ]                           Make image writeable (default = readonly)
  [ --root ]                         Same as -o allow_root.
  [ { -v | --verbose } ]              Log extra information.
  [ -o opt[,opt...]]                 FUSE mount options.
  [ { -h | -? } ]                    Display short usage info (no FUSE options).
  [ --help ]                         Display long usage info (incl. FUSE opts).

macOSゲストにシームレスなマウス移動や共有フォルダ、クリップボード共有、ディスプレイサイズ変更などを行えるVirtualBoxの拡張機能”Guest Additions”が初期サポート(macOSインストール時にインストール)されています。

CD image

VirtualBox Guest AdditionsのCDイメージオプションも残っています

 VirtualBox v6.0はMacおよびWindows、Linux、Solaris向けバイナリが公式サイトからダウンロード可能となっていますが、既に何件かの不具合がればサポートフォームに投稿されているので、アップデートされる方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    RCのクオリティあんまり良くなかったけどもう出たんか……

  2. 匿名 より:

    ゲストPCをシャットダウンするとVirtualBox本体がクラッシュするバグはそのままなのねw