Mac用ウィンドウマネージャアプリ「Magnet」が内課金制に移行し一部機能を無料で利用可能に。

スポンサーリンク

 Mac用ウィンドウマネージャアプリ「Magnet」が内課金制に移行し一部機能を無料で利用可能になっています。詳細は以下から。

Magnet for Mac

 ショートカットキーやウィンドウジェスチャーによりウィンドウの位置を変更できるMac用ウィンドウマネージャアプリ「Magnet」を開発しているチェコのグラフィックスデザイナーPavel Kozarekさんから昨日いただいたメールによると、PavelさんらCrowdCafé Teamは昨日、これまで有料アプリとして120~480円で販売してきたMagnetアプリを内課金制に変更し、一部機能を無料で利用できるようにしたと発表しています。

We’ve just changed the way how to pay for Magnet. It is free to try and later, if you want to use more than menu bar commands, we will ask you to purchase Pro version. Development of Magnet will continue, don’t worry.

CrowdCafé Teamより

 Magnetアプリは06月のv2.2.0アップデートでピボット機能を利用した外部垂直モニターや4Kなどの超ワイドモニターに対応し、セットアップやメニューも日本語に対応しており、

4Kと垂直モニターで利用したMagnet for Mac

今後はユーザーに無料で利用してもらった上で、メニューバーコマンドなどの機能が必要なユーザーにはPro機能を内課金制で提供するそうで、無償化してもMagnetの開発は今後も続けていくそうなので、興味のある方はこの機会に利用してみて欲しいとコメントされていました。