Parallels、macOS 10.14 Mojaveに対応し50以上の新機能を搭載したMac用仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop v14」をリリース。

スポンサーリンク

 ParallelsがmacOS 10.14 Mojaveに対応し50以上の新機能を搭載したMac用仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop v14」をリリースしています。詳細は以下から。

Parallels Desktop v13 for Macのアイコン

 Mac用仮想化ソリューション「Parallels Desktop」シリーズを開発しているParallels, Inc.は現地時間2018年08月20日、Appleが2018年秋にもリリースを予定しているmacOS 10.14 MojaveをサポートしたMac用仮想化ソフトウェアの最新版となる「Parallels Desktop v14 for Mac」を新たにリリースしたと発表しています。

Parallels-Desktop-v14-now-available

Parallels Desktop® 14 for Mac is finally here!
Version 14 has over 50 new features, including performance improvements, graphics improvements, and support for new technologies. Plus, it saves up to 20 GB of virtual machine storage space, starts four times faster, and is ready for macOS® Mojave.

Just released – What’s New in Parallels Desktop 14 for Mac!

スポンサーリンク

新機能

 Parallels Desktop v14ではWindowsおよびアプリの起動が最大35%高速になり、スナップショットは最大15%ディスク容量を抑えて作ることが可能になっており、iMac Proでは最大200%のパフォーマンス向上が見込めるそうで、

Parallels Desktop v13と比較してWindowsゲストを作成した際に最大20GBのディスク容量を節約でき、Microsoft Inkやその他”筆圧”をサポートしたPowerPoint, Microsoft Edge, CorelDRAW, Fresh Paint, Leonardo, openCanvas, PhotoshopなどのアプリでMacからの筆圧を再現できるようになっているそうです。

価格とシステム要件

 Parallels Desktop v14には50以上の新機能が搭載され、価格は新規ライセンスが8,500円、アップグレードが5,300円、ProおよびBusinessのサブスクリプションが年間10,000円で、

 システム要件はOS X 10.11.6 El Capitan以上を搭載したIntel Core 2 Duo、メモリ4GB以上を搭載したMacとなっているので、興味ある方はトライアル版を試してみてください。

システム要件

  • A Mac computer with an Intel Core 2 Duo, Core i3, Core i5, Core i7, Core i9, Intel Core M, or Xeon processor
  • A Mac computer running macOS Mojave 10.14, macOS High Sierra 10.13.6 or later, macOS Sierra 10.12.6 or later, or OS X El Capitan 10.11.6 or later
  • Minimum 4 GB of memory—8 GB is recommended
  • 600 MB of disk space on the boot volume (Macintosh HD) for Parallels Desktop application installation