Apple、Windowsがインストールされている2009以降のMacに対しKRACK脆弱性を修正した「Wi-Fi Update for Boot Camp 6.4.0」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがWindowsがインストールされている2009以降のMacに対しWPA2の脆弱性KRACKを修正した「Wi-Fi Update for Boot Camp 6.4.0」をリリースしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年07月05日、WindowsがインストールされているMacに対し、2017年10月に報告されたパケットの盗聴や中間者攻撃などを受ける可能性がある「KRACK」脆弱性を修正した「Wi-Fi Update for Boot Camp 6.4.0」をリリースしたと発表しています。

Wi-Fi Update for Boot Camp 6.4.0

Available for the following machines while running Boot Camp: MacBook (Late 2009 and later), MacBook Pro (Mid 2010 and later), MacBook Air (Late 2010 and later), Mac mini (Mid 2010 and later), iMac (Late 2009 and later), and Mac Pro (Mid 2010 and later)

About the security content of Wi-Fi Update for Boot Camp 6.4.0 – Apple Support

 今回のアップデートは影響範囲がかなり広く、2009年以降に発売されたMacBookやiMac、Windows 7にも及んでおり、KRACK脆弱性に関連した3件脆弱性が修正されているので、MacでBoot Camp(Windows)を利用されている方は、Apple Software Updateから出来るだけ早くパッチを当てることをおすすめします。

影響を受けるMac

  • MacBook (Late 2009 and later)
  • MacBook Pro (Mid 2010 and later)
  • MacBook Air (Late 2010 and later)
  • Mac mini (Mid 2010 and later)
  • iMac (Late 2009 and later)
  • Mac Pro (Mid 2010 and later)

影響を受けるOS

  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 10

CVE

  • CVE-2017-13077: Mathy Vanhoef of the imec-DistriNet group at KU Leuven
  • CVE-2017-13078: Mathy Vanhoef of the imec-DistriNet group at KU Leuven
  • CVE-2017-13080: Mathy Vanhoef of the imec-DistriNet group at KU Leuven
スポンサーリンク

おまけ

 Appleデバイス/OSについてはOS X 10.11.6 El Capitan以降iOS 11.2, tvOS 11.2, watchOS 4.2以降、およびAirMac Firmware UpdateでKRACK脆弱性が修正されています。

KRACK脆弱性を修正したAirMac