Apple、Apple Design Awards 2018の受賞アプリを発表。macOS用アプリではオランダMomentaのノートアプリ「Agenda」が受賞。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがApple Design Awardsの2018 Winnersを発表しています。詳細は以下から。

Apple Design Awardsのトロフィーとアイコン。

 Appleは現地時間2018年06月04日、米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催している「WWDC 2018」の中で、優れた機能や技術を持ったアプリを開発した開発者を表彰する「Apple Design Award (以下、ADA)」の授賞式を行い、ADAを受賞した開発者やアプリを紹介しています。

On Monday, June 4, at the Worldwide Developers Conference, Apple celebrated the Apple Design Awards, recognizing the creative artistry and technical achievements of developers who reflect the best in design, innovation and technology on Apple platforms. This year’s award winners include developers from across the globe, including Australia, Austria, Canada, Denmark, Finland, India, Netherlands, Turkey and the US.

Apple Design Awards highlight excellence in app and game design – Apple

スポンサーリンク

受賞アプリ

 ADA2018を受賞したのは以下の10アプリで、そのうちMacアプリは2018年01月にPapersや4PeaksなどでApple Design Awardを受賞したAlexander Griekspoorさんらが設立したオランダMomenta B.V.社が開発&販売を開始したmacOS/iOS対応のタスク管理機能を搭載したノートアプリ「Agendaのみとなっています。

Apple Design Award 2018

計算機アプリCalzyもMacアプリがあると記載されていますが、現在のところリリースされていないようです。

おまけ

 ADAの受賞者や企業には手を触れるとAppleのロゴが光るキューブ型のトロフィーと、副賞として5K iMac Pro、 15インチMacBook Pro、256GB iPhone X、512GB iPad ProとApple Pencil、4K Apple TV、Apple Watch Series 3そしてAirPodsといった最高スペックのAppleデバイスが贈られたそうです。

Apple Design Award 2018