macOSの通知センターログに何が保存されているかをチェックできるスクリプトが公開。

スポンサーリンク

 macOSの通知センターログに何が保存されているかをチェックできるスクリプトが公開されています。詳細は以下から。

macOS Notifications icon

 昨日、元Facebook MessageのソフトウェアエンジニアAlec Muffettさんがオープンソースで開発されている暗号化メッセージアプリ「Signal」のログがmacOSの通知センターログ(SQLite)に非rootユーザーでもアクセスできる形で保存されている事を発見し話題になりましたが、この問題はSignalに限ったことではないとして、Objective-SeeのPatrick Wardleさんが通知センターのログに保存されている過去の通知を確認できるスクリプトを公開しています。

Want to see what’s in your notification database?
I’ve just uploaded a simple python script that parses and dumps all notification records 😎
To try out the script:

  1. Download “dumpNotificationDB.py”
  2. From the terminal (/Applications/Utilities/Terminal.app) run:
python dumpNotificationDB.py

When ‘Disappearing’ Messages Don’t Disappear 😧 | Patrick Wardle on Patreon

 公開されたPythonスクリプト”dumpNotificationDB.py”の使い方はPatrenサイトに掲載されているとおりで、スクリプトは通知センターのログが保存されているSQLite 3のデータベースを展開するだけなので、

python dumpNotificationDB.py > dump.txt
cat dump.txt | grep hogehoge

テキストファイルなどに保存してMailやSpark, Kiwi, Canary, AirMailなどのメールアプリやTwitter, LINE, Slackなどのメッセージアプリで抽出してやると、Mac内に保存された過去の通知が確認できるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

dumpNotificationDB.pyはmacOS 10.13 High Sierra用となっています。