物書堂、Mac App Store審査に向けバージョン表記を変更した日本語ワープロソフト「egword Universal v2.1」のBeta版を公開。

スポンサーリンク

 物物書堂がMac App Store審査に向けバージョン表記を変更した日本語ワープロソフト「egword Universal v2.1」のBeta版を公開しています。詳細は以下から。

egword Universalのアイコン

 Mac用日本語入力システム「かわせみ」などを開発&販売している物書堂は2017年09月、株式会社コーエーテクモゲームスよりegシリーズとなる日本語ワープロソフト「egword Universal」と日本語入力システム「egbridge Universal」開発資産を取得し現在改善作業を行っていますが、現地時間2018年02月14日に公開された”Version 2.1 (323)”ではMac App Storeの審査に向けてバージョン表記を変更しているそうです。

egword Universal v2.1b

前回からの変更点

  • Mac App Storeの審査に向けてバージョン表記を“2.1b”から“2.1”に変更しました。
  • インスペクタの上線等のボタンが黒く塗りつぶされる現象に対処しました。

egword Universal 2 – HockeyApp

 egword Universal v2.1の価格やMac App Storeでの発売時期などはアナウンスされていませんが、 build 323ではバージョン表記に加えCopyrightが2018年になっており、3本指でタップで辞書検索が動作しない不具合が修せされたbuild 324もリリースされているので、Betaユーザーの方はチェックしてみて下さい。

egword Universal Version 2.1 (324)