Apple、Mac/iOS App StoreのWebページデザインを刷新しレスポンシブデザインに対応。

スポンサーリンク

 AppleがMac/iOS App StoreのWebページデザインを刷新しているそうです。詳細は以下から。

iOS 11のApp Storeアイコン

 9to5MacによるとAppleは本日、MacやiOSアプリの情報を公開しているWebページのデザインを刷新し、最新のiOS App Storeアプリの様にアプリのアイコンやスクリーンショットやアプリをダウンロードする方法などを最上部(ファーストルック・エリア)に置くデザインに変更したそうです。

新しいApp Store Web

The new redesign takes cues from the all-new App Store in iOS 11, which offers larger images, a focus on curation and reviews, and more. On the new webpage, you’ll see a larger app heading, preceded by “This app is only available on the App Store for iOS devices.”

Apple overhauls App Store web interface with new iOS-like design – 9to5Mac

 旧デザインではアイコンやスクリーンショットの他に「説明」や「更新日」、「バージョン」、「システム条件」といった情報が目に入りますが、新しいデザインは上から「アイコン」、「スクリーンショット」、「説明」、「新機能」、「カスタマーレビュー」、「情報」、「サポート」という並びになり、

新しいApp Storeのデザインと旧デザインの比較

新たにレスポンシブデザインにも対応しているので、アプリのダウンロードなど様々なところに影響が出始めると思われます。

レスポンシブデザインに対応したApp Store

iBooks Storeはまだですが、iTunesも新デザインのロールアウトが始まっているようです。