Apple、iPhoneやiPadのメッセージアプリなどをフリーズさせられる「chaiOS」バグを来週のiOSアップデートで修正。

スポンサーリンク

 AppleはiPhoneやiPadのメッセージアプリなどをフリーズさせられる「chaiOS」バグを来週のiOSアップデートで修正するとコメントしたそうです。詳細は以下から。


 Jailbreakツールなどを開発しているAbraham Masriさんは現地時間2018年01月16日、リンクを開くだけでMacやiOSデバイスのSafariやメッセージアプリなどをフリーズ&クラッシュさせることの出来る不具合chaiOSを発見しGitHubに公開、その後メッセージアプリやTwitterで広まり、GitHubはMasriさんのアカウントを停止しましたが、

Update January 18th, 1:00pm: Apple has confirmed that a bug fix will arrive next week. This post has been updated to reflect that information.

iPhone ‘chaiOS’ bug can freeze your phone with a single link – The Verge

The Vergeによると、Appleは来週にも公開予定のiOSアップデートでこの不具合を修正するとコメントしたそうです。Appleは現在iOS 11.2.5のBeta版を開発者やPublic Betaユーザーに公開しているため、追加アップデートでの修正でなければ来週にもiOS 11.2.5がリリースされるようです。

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、このchaiOSバグはHTMLのmeta要素内にあるOGP(og:title)にアクセント符号を多用した10MB以上のUnicodeを挿入して、macOS/iOSのテキスト・レンダリングエンジンをクラッシュさせるというもので、EverythingAppleProさんのDemo動画ではメッセージアプリの通知を有効にしている場合、着信しただけでiOSデバイスがフリーズするそうで、この不具合はiOS 10.xにも存在したそうです。

chaiOSのソースコード