VideoLAN、H.264/H.265の8/10bitハードウェアデコードをサポートした「VLC v3.0」のプレビュー版をmacOS/Linux/Win向けに公開。

シェアする

スポンサーリンク

 VideoLANがH.264/H.265の8/10bitハードウェアデコードをサポートしたマルチメディアプレイヤー「VLC v3.0」のプレビュー版をmacOS/Linux/Win向けに公開しています。詳細は以下から。

VLC 3のアイコン

 様々なプラットフォームやコーデックに対応したマルチメディアプレイヤー「VLC」を開発しているVideoLANは2017年12月11日、デスクトップOS向けのVLCの次期メジャーアップデート版となる「VLC v3.0.0 “WeatherWax”」のRC版を新たにユーザーに公開したと発表しています。

WeatherWax is a major release changing a lot in the media engine of VLC.
Notably, it:

  • activates hardware decoding on all platforms, of H.264 & H.265, 8 & 10bits, allowing 4K60 or even 8K decoding with little CPU consumption;
  • merges all the code from the mobile ports into the same release,
  • supports 360 video and 3D audio, and prepares for VR content,
  • supports direct HDR and HDR tone-mapping,
  • updates the audio passthrough for HD Audio codecs,
  • allows browsing of local network drives like SMB, FTP, SFTP, NFS…
  • stores the passwords securely
  • brings a new subtitle rendering engine, supporting ComplexTextLayout and font fallback
  • supports ChromeCast with the new renderer framework,
  • adds support for numerous new formats and codecs, including WebVTT, AV1, TTML, HQX, 708 and Cineform,
  • updates the macOS interface with major cleaning,
  • support HiDPI UI on Windows,
  • prepares the experimental support for Wayland on Linux, and switches to OpenGL by default.

git.videolan.org Git – vlc/vlc-3.0.git/summary

 VLC v3では新たにiOS 11やmacOS High Sierraでも一部のハードウェアが対応したH.264およびHEVC(High Efficiency Video Coding)として知られているH.265の8-/10-bitハードウェアデコードがサポートされ4K@60Hzや8KでもCPU使用率を抑えて再生することが可能になっている他、

High Efficiency Video Codingの概要

360°動画や3Dオーディオ、Direct HDR、トーンマッピング、VRの準備など次世代コンテンツへの対応やmacOS版ではインターフェイスの大幅なクリーニング、Windows版ではHiDPIへの対応も行われているので、興味のある方はダウンロードし不具合があった場合はTrackerで報告して欲しいとコメントされています。

VLC v3.0.0 RC4のMac版