iStatsとBTTを利用してMacBook ProのTouch Bar上にCPUやGPU温度を表示する「Touch Bar iStats」を使ってみた。

スポンサーリンク

 iStatsとBetterTouchToolを利用してMacBook ProのTouch Bar上にCPUやGPU温度を表示する「Touch Bar iStats」を使ってみました。詳細は以下から。

Mac用 入力支援ツール「BetterTouchTool」のアイコン。

 CPUやGPU/Memoryの温度を出してくれるRuby Gem「iStats」の出力をMacの入力支援ツール「BetterTouchTool」を使用してMacBook ProのTouch Bar上に表示してくれるJSONファイルをポーランドのエンジニアMarek Kaczkowskiさんが公開していたので使ってみました。

iStatsの出力をTouch Bar上に表示するスクリプト

Touch Bar iStats
Touch Bar iStats shows temperature of CPU/GPU/MEM or whatever you want sensor on your touch bar.

marekkaczkowski/Touch-Bar-iStats: Show CPU/GPU/MEM temperature on Touch Bar with BetterTouchTool! – GitHub

スポンサーリンク

使い方

 使い方は以下の通りで、CPU/GPU/Memoryの温度および”Eject-All”ボタンがTouch Bar上に表示され、CPUが75度を30秒、GPUは85度を30秒、Memoryは75度を5分の閾値を超えると各ボタンが赤くなるそうなので、BTTユーザーの方は試してみて下さい。

Touch-Bar-iStatsでTouch BarにMacのシステム温度を表示する

  1. BetterTouchToolをダウンロード&インストールする。
  2. Ruby GemでiStatsをインストール。
  3. sudo gem install iStats
  4. Touch-Bar-iStatsをダウンロード/Clone。
  5. BetterTouchToolの[Preference] → [Touch Bar] → [Import]で、3.でダウンロードしたJSONファイルをインポートする(上図参考)。