Apple、「macOS 10.13 High Sierra」でアップグレードできるMacの互換性条件を「OS X 10.8 Mountain Lion」以降に変更。

スポンサーリンク

 Appleが「macOS 10.13 High Sierra」でアップグレードできるMacの互換性条件を「OS X 10.8 Mountain Lion」以降に変更しています。詳細は以下から。


 Appleは本日リリースしたmacOS 10.13 High Sierraで、macOS 10.12 Sierraまで「Mac OS X 10.7.5 Lion」としていたアプリ(インストーラー)の互換性条件を変更し、アプリを利用するには「OS X 10.8 Mountain Lion」以降が必要になっています。

High Sierraの互換性条件

 Lionは2011年7月20日に発売され、Mac OS X 10.6 Snow Leopardに続いてIntelプロセッサーをサポートしたものの「Darwin」が非サポートとなっていました。互換性条件がアップデートされたことで、High SierraをMac App Storeからダウンロード&インストールするにはMac OS X 10.7 Lion以上へアップグレードしなければならないので、古いMac ProなどをHigh Sierraへアップグレードする際は2度のアップグレードが必要になります。

macOS 10.13 High SierraへアップグレードできなくなったMac OS X 10.7 Lion