iFixit、MacBook Pro Retinaモデルのバッテリー固定用接着剤を溶かすことが出来る剥離剤を同梱したバッテリー交換キットを発売。

シェアする

スポンサーリンク

 iFixitがAppleがMacBook Pro Retinaディスプレイに利用しているバッテリー接着剤用の剥離剤を同梱したバッテリー交換キットを発売したと発表しています。詳細は以下から。

iFixitのMacBook Pro接着剤用の剥離剤。

 Appleデバイスの修理キットを販売している米iFixitは現地時間2017年07月05日、Appleが2012年~2015年に製造&販売したMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(以下、rMBP)のバッテリーの交換のために必要な全てのパーツや道具を同梱したバッテリー交換キットを新たに発売したと発表しています。

iFixitのMacBook Pro 2012~2015バッテリー交換キット

The battery in the MacBook Pro with Retina display is one of toughest adhered batteries we have seen. They use the same adhesive for industrial construction and for putting walls on ambulances. Luckily we have a new kit that makes it easy! Our product development engineer, Brett, is going to help you and show you the process on how to use this new method. Our kit offers all the tools needed to perform the repair, and our guide shows you how to use the kit.

(1) How To Use Our MacBook Pro With Retina Display Battery Fix Kit! – YouTube

スポンサーリンク

新しいバッテリー交換方法

 iFixitは以前からケースやバッテリーに傷をつけてしまう金属製の器具や、バッテリーを温めてしまうiOpenerなどを利用せずにrMBPの筐体とバッテリーの接着剤を剥がす手法を模索していたそうで、新たな手法として提案された剥離剤”Adhesive Remover”はAppleがrMBPに利用していた接着剤用に開発され、

iFIxitの剥離剤

新しいバッテリー交換キットにはバッテリー本体や特殊ネジ用のドライバー、剥離剤(剥離液)、剥離剤用の注射器などの他に、剥離剤に含まれているアセトン用対策としてゴム手袋や安全メガネも同梱されているそうです。

使い方

 新しい剥離剤の使い方はrMBPのボトムケースを開け、筐体を傾けて注射器でバッテリーセルとボトムケースの間にある接着剤に染み込ませ2~3分待つだけで接着剤が柔らかくなり、

プラスチックカードでは簡単に剥がせる様になるそうなので、2012 ~ 2015年に発売された古いrMBPのバッテリーがもたなくなってきた方はiFixitの公式サイトをチェックしてみて下さい。

価格

  • MacBook Pro 15″ Retina (Mid 2012/Early 2013) Battery : $89.95
  • MacBook Pro 15″ Retina (Late 2013/Mid 2014) Battery : $89.95
  • MacBook Pro 13″ Retina (Late 2013/Mid 2014) Battery : $99.95
  • MacBook Pro 13″ Retina (Late 2012/Early 2013) Battery : $89.95
  • MacBook Pro 15″ Retina (Mid 2015) Battery : $109.95

コメント

  1. 匿名 より:

    これはありがたいね、いざとなったら使わせてもらいます。