アメリカで「あなたのiCloudアカウントがハッキングされました」というAppleのサポートを装う電話詐欺が横行しているもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 アメリカで「あなたのiCloudアカウントがハッキングされました」というAppleのサポートを装う電話詐欺が横行しているようです。詳細は以下から。


 カリフォルニアのセキュリティ企業Malwarebytes社によると、近年流行している「iCloudが無効化されました」や「iPhoneの探す機能が有効になりました」という通知からiCloudにそっくりなフィッシングサイトに誘導するiCloud詐欺に新たな手法が登場しているそうです。

Interestingly, a Malwarebytes employee has spotted a new iCloud scam attempt. Twice in one day, she received unsolicited phone calls, supposedly from Apple Support, claiming that her iCloud account had been hacked “by Russian hackers,” and asking for her account information.The first call was from a 1-800 number not associated with Apple. Interestingly, caller ID reported that the second call originated from a legitimate Apple phone number in the 408 area code… which really means nothing these days, as it has become trivial to spoof a phone number for caller ID.

iCloud support scams – Malwarebytes Labs

 その手法とは「あなたのiCloudアカウントがロシアのハッカーによりハッキングされました」というAppleからの電話を装い、その後ユーザーの情報を聞き出すというもので、この電話はAppleでない番号からの電話以外にも、正式なAppleの電話番号のエリアコード408を用いた電話詐欺も行われているそうです。

 Apple Support CommunitiesやTwitterには同様の報告されており、Appleはここ最近サポートページ「フィッシングメールやその他の疑わしいメッセージを見分けて報告する(JP)」を更新し、疑わしい場合は電話を一度切りユーザー側から正式なAppleの電話番号へ問い合わせし、スパムや疑わしいメッセージは各専用のメールアドレスへ報告して欲しいとしているので、思い当たる電話やメールを受け取った方は確認してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    キャッシュカードを渡しちゃう日本人よりは高度な詐欺だな