WebKit、ベンダープレフィックスからランタイムフラグへの移行を発表。

シェアする

スポンサーリンク

 WebKitがベンダープレフィックスからランタイムフラグへの移行を発表しています。詳細は以下から。

WebKit-Hero-logo-icon

 WebKitは現地時間2016年4月26日、プレフィックスポリシーをアップデートし、現在CSSなどの新機能に利用しているベンダープレフィックス(接頭語”-webkit-hogehoge”)を廃止し、ランタイムフラグを利用した方法に切替えると発表しています。

Browsers would eventually implement the standard version with no prefix and drop support for the prefixed version. […] Runtime flags allow us to continue to get experimental features into developers’ hands while avoiding the various problems vendor prefixes had.

Updating Our Prefixing Policy | WebKit

 Chrome(Blink)などは既にランタイムフラグへ移行しており(関連リンク参照)、WebKitも今後は互換性のためにベンダープレフィックスを維持するものの、新機能などはSafari Technology Previewを通してランタイムフラグで提供していくそうです。

関連リンク