CURVED/labs、旧eMacを現在の技術で再現したコンセプト「eMac(2016)」を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 Curved/Labs旧eMacを現在の技術で再現したコンセプト「eMac(2016)」を公開しています。詳細は以下から。

CURVED-eMac-2016-Hero

 Curved/LabsはドイツのITメディアサイトで、過去に初代Macintosh(128K)とiPad Airを合わせたようなMacのコンセプトデザインなどを公開していますが、今回新たにAppleが2002年に発売したeMacを現在の技術を用いて再現したコンセプトeMac「eMac (2016)」を公開しています。

We at Curved/labs asked ourselves: What if Apple once again – aside from the iPad – focused on the educational market with a desktop computer? And what might such a computer look like in the year 2016? The result: the eMac (2016).

CURVED/labs: der eMac (2016) ⊂·⊃ CURVED.de

 eMac (2016)の仮想スペックは以下の通りで、eMacとiMac Legacyエディションが用意されているそうなので、更に詳しいデザインを見たい方はCurved/Labsのサイトへどうぞ。

  • 現在のiMacと同じスペックだが、スクリーンは4:3の17インチRetinaディスプレイ
  • フロントカメラは3Dキャプチャやスク案が可能なデュアルカメラ
  • 静電容量方式のタッチスクリーンを搭載
  • フロントにステレオスピーカーを搭載
  • 背面にUSB-Cを3ポート搭載
  • Apple Magic Keyboard, MouseとApple Pencilをサポート
  • サイズは40 x 39 x 36cm
  • 前面が白または黒で背面がシルバー、スペースグレー、ゴールド、ローズゴールドのeMacエディション
  • 前面と背面が同じシルバー、スペースグレー、ゴールド、ローズゴールドカラーのiMac Legacyエディション

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    すんごいダサい
    薄くすりゃいいってもんじゃねーんだよなぁ

  2. 匿名 より:

    iMac G4の予想図として誰もが考えたデザインに酷似。