Apple、AppleKextExcludeListを更新し、OS X 10.11.4アップデート時にカーネルパニックを起こす原因となった「SUIDGuard」を無効化。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがOS X内で動作するカーネル機能拡張を制限する「AppleKextExcludeList」をv3.30.1へアップデートしています。詳細は以下から。

Apple-Kernel-Extensions-kexk-Hero

スポンサーリンク

SUIDGuardがブロック

 Appleは本日、OS X内で動作するカーネル機能拡張を制限する「AppleKextExcludeList」をv3.30.1へアップデートし、OS X 10.11.4アップデート時にカーネルパニックを起こす原因となっていた「SUIDGuard.kext」を新たにブロックしています。

Apple-Incompatible-Kernel-Extension-Configureation-Date

 Appleは以前、このリストに一部MacのEthernet用ドライバを加えてしまいEthernetポートが利用できなくなる不具合を起こしていましたが、今回は「SUIDGuard.kext」のみがリストに追加されているので、今後OS X 10.11.4へのアップデート時にSUIDGuardが原因でカーネルパニックが起こる事はないと思われます。

com-sektioneins_driver-SUIDGuard-block

com.sektioneins.driver.SUIDGuardNG

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    >今後OS X 10.11.4へのアップデート時にSUIDGuardが原意でカーネルパニックが起こる事はないと思われます。

    原意でになってますが原因のミスですかね。

    • 管理人 より:

      誤字修正しました。ご指摘ありがとうございます。
      現在調整中ですが、Akismetフィルタのためコメントが反映されるまで多少時差がありますのでご了承下さい。

  2. 匿名 より:

    logの吐ける場所と出力するファイルの属性を制限すりゃいいのに、何故か
    setuidの動作を弄ろうとするapple.

    rootless然り、発想がおかしい。
    まるでOSXをiOSに近づけさせようとしているように見える。