ProjectM、MacBook Air 2010~2012にM.2 SSD (SATA) を接続できる変換基板を発売。

スポンサーリンク

 Project MがMacBook Air 2010/2011および2012にM.2 SSDを接続できる変換基板をテスト販売していると発表しています。詳細は以下から。

MacBook-Air-Teardown-Hero

 株式会社アユートのProjectMはMacBook Air Late 2010/Mid 2011およびMid2012にM.2 SSD (SATA) を接続できる変換基板「M2SAT201110」と「M2SAT2012」を新たに発売しています。

特徴
MACBOOK Air 2010/11 にM.2 SSD (SATA) type2280 を 取り付けるための変換基板です。※SSD本体は付属していません。変換基板のみです。

保証・サポート
本製品は玄人向けの製品のため、使用方法やサポート(初期不良を含む)などはありません。確認の上お求めください。

ProjectM 改造パーツシリーズ M2SAT201110 – アキハバラe市場

 アミューズによればこの変換基板を利用することにより、M.2 SSD (SATA) type2280規格のストレージをMacBook Airに接続できるそうで、価格はどちらも税込み1,480円。

Project-M-MacBook-Air-to-M2-SSD-adapter

 変換基板を接続した場合、MacBook Airの筐体には収まらないと思われるので、あくまでもチャレンジしたい人向けのパーツとなっています。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    収まらないんかい!(爆

  2. 匿名 より:

    これ、MacBookには収まらないと思うけど、iMacやMac miniに使えば安価なM.2 SSDをMacに使える!?

  3. 匿名 より:

    収まらないんかい!
    それだけです…

  4. 匿名 より:

    タイトルは嘘、PCIe SSDじゃなくてSATA SSDって載せてる画像に書いているし
    MBA2010〜2012に最初からついているSSDもSATA

  5. 匿名 より:

    収まるやつもどこかで出していたような。