OS X 10.11.4アップデート後、FaceTimeやiMessagesにログインできない不具合はAppleのシステム障害によるもの?

スポンサーリンク

 OS X 10.11.4アップデート後、FaceTimeやiMessagesにログインできない不具合は、本日発生していたAppleの長期システム障害が影響しているようです。詳細は以下から。

OS-X-10114-FaceTime-Auth-Error

 昨日から、OS X 10.11.4にアップデートしていたユーザーがFaceTimeやiMassagesにログイン出来ないという不具合が発生していましたが、この不具合はApple側のシステム障害が原因だったようです。

Apple’s System status finally now acknowledges a problem for ‘some users trying to sign in’ to iMessage and FaceTime.

** Clean Install OS X El Capitan 10.11.4 — iMe… | Apple Support Communities

 Appleのサービス・システム状況によると、Appleのサービスで昨日から本日17時(JST)頃までFaceTimeおよびiMassagesを含む複数のサービスに長時間障害が発生していたそうで、

20160324-FaceTime-and-iMessages-services-down

この不具合を訴えていたApple Support Communitiesのメンバーも現在はFaceTimeおよびiMessagesにログインできたとコメント[1, 2, 3]しているので、この問題がに遭われている方はもう一度ログインしてみてください。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    障害の時システム状況毎回見るけど、そのほとんどにおいて全部緑色で表示されてるんだよな… あれ意味あるのか?