macOS 10.12 SierraでBluetoothの「apt-X」オーディオコーデックを有効にする方法。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 SierraでBluetoothの「apt-X」オーディオコーデックを有効にする方法は以下の通り。

apt-x-logo-icon

 OS X/macOSでは古くからBluetoothをサポートしていますが、オーディオコーデックについては現在のところSBC/AACがデフォルトになっており、Sierraでもこれは変わっていません。しかし、AppleはMavericksの頃から「aptX」を有効にするオプションをBluetooth Explorerに付けており、

bluetooth-explorer-audio-options-1

Sierraでapt-Xコーデックを利用したい場合も上記画像のように「Hardware IO Tools」をダウンロード(要Developer ID)し、Bluetooth Explorerアプリの[Tools]メニュー→[Audio Options…]→[☑Force use of aptX]オプションをONにし、apt-X対応のBluetoothヘッドホンやイヤホンをペアリングすることで利用できるので、興味のある方は試してみてください。

bluetooth-explorer-audio-options-2

おまけ

 Appleは10月下旬に独自のW1チップを搭載したワイヤレスイヤホン「AirPods」を発売しますが、このイヤホンはBluetooth接続のため「apt-X対応なのかな?」と思い確認してみたところ、iOSデバイス標準のAACオーディオまでのようです。

airpods-aac-audio-support

豊かで質の高いAACオーディオに対応するAirPodsは、音楽や映画などの様々なサウンドを、本格的な響きであなたの耳に届けます。通話やSiriに話しかける場合など、あなたの声を聴かせたい時には、デュアルビームフォーミングマイクロフォンが周囲のノイズを取り除きます。

AirPods – Apple(日本)

コメント

  1. 匿名 より:

    つまり現状ではMacとAirPodsを繋いだときはA2DPの場合SBCってことなんだよね。いつになったらAACを有効にしてくれるのか。

  2. 匿名 より:

    上記のツールで、”Enable AAC” にチェックを入れてみたら?
    俺の SoundBlster Evo ZxR は、この設定でSBC から AAC になった。

  3. 匿名 より:

    Bluetooth Explorerで「Enable AAC」はもはや表示されない(MacBook Pro Late 2013)。
    これは最初からAACが有効という意味では。

  4. 匿名 より:

    昔からうちのレシーバーだとaptxがデフォルトで有効になるからいまいちピンとこない
    AACとaptxの両刀って売りのレシーバーだからAAC入ってもおかしくないはずなんだが、いつペアリングしてもaptx

  5. 匿名 より:

    SBCからAAC、AACからAPT-Xで何がよくなるの?