OS Xのインストールディスクを簡単に作成できる「DiskMaker X」とOS Xのバージョン関係。

スポンサーリンク

 OS Xのインストールディスクを簡単に作成できる「DiskMaker X」とOS Xのバージョン関係を備忘録程度にまとめました。詳細は以下から。

DiskMakerX-Hero

 昨日ams-cliコマンドを利用したOS Xインストールアプリのダウンロード方法を書いたところ、OS Xのインストールディスクを簡単に作成できるDiskMaker Xはv5.xからcreateinstallmediaコマンドを利用した方法に切替えており、古いOS X 10.7~10.8を作成する場合は旧バージョンを利用しなければならないそうです。

DiskMaker-X-make-bootable-disk

*DiskMaker X v3.0.4とv5.0.3で作成したインストールディスク

 具体的には中間証明書の更新により利用できなくなっているOS X 10.7~10.11のインストールディスクを作成するには以下の通りDiskMaker v3.xとv5.xを併用すれば作成可能で、実際に確認したところmac-cliコマンドとDiskMaker Xを利用してEl Capitan上で全てのインストールディスクを作成可能でした。

DiskMaker X OS X 10.7
Lion
OS X 10.8
Mountain Lion
OS X 10.9
Mavericks
OS X 10.10
Yosemite
OS X 10.11
El Capitan
v5.0.3
v3.0.4
createinstallmedia

 旧バージョンのDiskMaker Xも公式サイトからダウンロード可能なので、古いOS Xのインストールディスクが必要な方は利用してみて下さい。(コメント欄でのご指摘ありがとうございます)