PythonとNode.jsで作られたオープン・ソースの静的サイトジェネレーター「Lektor」のMac用アプリがリリース。

スポンサーリンク

 PythonとNode.jsで作られたオープン・ソースの静的サイトジェネレーター「Lektor」のMac用管理アプリがリリースされています。詳細は以下から。

Get-Lektor-Hero

 Lektorは欧州でPocooの開発などに携わっているエンジニアArmin Ronacherさんが公開した静的サイトジェネレーターおよびCMSで、数行のコマンドで静的なサイトを作成&デプロイすることが可能です。

Deploy Anywhere
Because Lektor builds out 100% static HTML you can deploy them to any host (including S3, github pages, any web host, etc.).

Welcome | Lektor Static Content Management System

使い方

 使い方は簡単で、チュートリアル動画にもある通りGetLektor.comからLektorをダウンロード&インストールし「quickstart」に添ってサイト名などを入力していけばGithub Pagesなどへサイトを公開することが出来ます。

  • $curl -sf https://www.getlektor.com/install.sh | sh
  • $lektor quickstart

Wouldn’t it be nice if you could easily host Lektor projects on there? Turns out you can with the help of Travis-CI. Because Lektor has built-in support for deploying to GitHub Pages pairing up the three is a breeze.

Lektor Loves Travis-CI and GitHub Pages

 また、今回新たに公開されたOS X用のLektorアプリを利用すれば、Lektorプロジェクトの起動, 終了, 編集, プレビューを簡単に行うことが可能です。

Lektor-App-Feature

 Lektorアプリのシステム要件はOS X 10.9 Mavericks以上で、LektorはBSDライセンスでGitHubに公開されているので、興味のある方は関連リンクから公式サイトやGitHubへどうぞ。

関連リンク