MacAppStoreで購入したアプリが「”このアプリ”は壊れているため開けません」というエラーで起動しなくなった場合の対処法。

スポンサーリンク

 MacAppStoreで購入したアプリが「”このアプリ”は壊れているため開けません」というエラーで起動しなくなった場合の対処法です。詳細は以下から。


Appは壊れているため開けません


 昨日(正確には”Nov 11 21:58:01 2015 GMT, 日本時間 2015年11月12日 06時58分01秒)からMac App Storeで購入した一部アプリが「”このアプリ”は壊れているため開けません。”このアプリ”を削除して、App Storeからダウンロードし直して下さい」という不具合に陥っている問題は、発生から一夜明けThe GuardianThe Vergeが報じるほどの事態になっているようですが、


 The Guardianによると、この不具合はAppleが5年前に発行した認証書の期限が更新されず、Mac App Storeで購入したアプリが認証に失敗し起動できない状態にあるようで、1PasswordやCoda, TextExpander, PopClip, Tweetbot, DaisyDiskなど古くから公開されているアプリがこの影響を受けているようです。

Mac users faced trouble with their apps overnight after the security certificate Apple uses to prevent piracy expired late on Wednesday.

Applications downloaded from the Mac App Store were temporarily unavailable from 10pm UK time, when a security certificate expired, five years after its creation, with no replacement immediately available.

[Apple user anger as Mac apps break due to security certificate lapse – The Guardian]

 Appleは既にこの問題に対応しており、有効期限が2017年10月23日までの認証書を発行していますが、まだなお一部のユーザーがこの不具合の影響を受けているようなので、以下に対処法をまとめておきます。

不具合を確認する

 アプリが起動しない問題がこの不具合によるものかどうかを確認する方法は以下のopensslコマンドを利用し対象のアプリの証明書の有効期限を表示することで確認することが出来、[Certificate] > [Validity]の期限が”Nov 11 21:58:01 2015 GMT”で終わっている場合は以下の対処法で解決することが可能です。


Apple-Root-CA-Validity-day

openssl pkcs7 -inform der -in /Applications/HOGEHOGE.APP/Contents/_MASReceipt/receipt -print_certs -text

対処法

 この不具合はOS X 10.10 Yosemite以降のOS Xで発生しており、対処法としてはMacを再起動し、不具合が発生しているアプリを起動。その後 Mac App Storeが起動するので、アプリを購入したApple IDを再度認証することで解決します。


MacAppStore-Auth-20151111

 また、TwitterrificやxScopeの開発者Craig Hockenberryさんによると、Macを再起動する代わりにkillコマンドで”storeaccountd”デーモンを終了させ、再度認証することが可能とのことなので、不具合が発生している方は試してみてください。


 *The GuardianやTechCrunchなど複数のメディアがこの問題についてAppleに問い合わせているようですが、現在のところ返事は無いようです。

Security certificates are issued by the App Store to ensure that only apps properly bought and paid for can be run on users’ Macs, as well as to guard against the installation of malware using Apple’s developer credentials.

Apple did not respond to request for comment.

[Apple user anger as Mac apps break due to security certificate lapse – The Guardian]

追記

 このMASpocalypse問題はAppleが署名アルゴリズムをSHA-2へアップデートしたことが原因のようで、署名の確認にはRB App Checker Liteを利用すると簡単に行なえます。


関連リンク:

コメント

  1. 匿名 より:

    SignatureのチェックはRB App Checker使うと簡単よ
    ttp://brockerhoff.net/RB/AppCheckerLite/

  2. Apple7743 より:

    Mac AppStore版Stufflt Expander 15がこの問題で起動しませんでしたが、
    一度削除してAppStore版Stufflt Expander 15をダウンロード、インストールし直したところ起動するようになりました。