OS X 10.11 El Capitanではログインウィンドウのスクリーンショットを撮ることが可能に。

スポンサーリンク

 OS X 10.11 El Capitanではログインウィンドウのスクリーンショットを撮ることが可能になっているそうです。詳細は以下から。

OS-X-10-11-El-Capitan-Hero

 大学でMacのシステムアドミニストレータをしているClayton Burlisonさんによると、OS X 10.11 El Capitanでは新たにログインウィンドウのスクリーンショットを撮影することが可能になっているそうです。

 OS X 10.8 Mountain Lion ~ OS X 10.11 El Capitanがインストールされたテスト機で試してみたところ、El Capitanのみログインウィンドウで

  • 「Command + Shift + 3」フルスクリーンのスクリーンショット
  • 「Command + Shift + 4」エリア選択のスクリーンショット

を撮影することが可能で、撮影したスクリーンショットはデスクトップやユーザーが指定した保存先に「LWScreenShot yyyy-MM-dd at HH.mm.ss」という形式で保存されていました。

El-Capitan-Login-Window-SS-1

 一般のユーザーの方にはあまりメリットが無いかもしれませんが、Macの管理者の方は今までRDTやVMを使って作成していた資料や、ユーザーのログインウィンドウの状況(複合キーやVoiceOver, 入力メソッドの状況)把握などに役立つと思うので利用してみてください。

El-Capitan-Login-Window-SS-2

関連リンク: