3Dプリンタで作成されたApple IIcのミニチュアが話題。Raspberry Piと2.5インチ ディスプレイで実際に起動可能。

スポンサーリンク

 3Dプリンターで作成されたApple IIcのミニチュアが海外の3Dプリンターサイトで話題になっています。詳細は以下から。


ret


 1983年に発売されたApple IIcのミニチュアを作成したのはノースカロライナ州のCharles ManginさんでApple IIcのマザーボードにはRaspberry Piを利用し筐体もRaspberry Piのサイズに合わせて3Dプリンターで作成。その作成過程を3DPrint.comに投稿しています。

While Jobs was applauded for having the courage to be outspoken and try new things with products and business models, continually innovating and leaving competitors in the dust, we all still fourlove to go back and look at the retro Apple products — and some Apple lovers, like Charles Mangin, are motivated enough to mold them in 3D printing. Harkening back to the bulky 1984 //c Apple, this is an amazing miniature Apple featuring a Raspberry Pi Model A+ setup with USB keyboard on the side and combo A/V plug on the back, as well as a micro-SD card underneath the Pi.

[Back to 1984: 3D Print Your Own Retro Mini Apple Computer, or Purchase One on Etsy – 3DPrint.com]

 キーボードはさすがに再現出来ずUSBキーボードを使用していますが、ストレージはmicro SDカードを使用し内蔵、ディスプレイは実際の1/4スケールの2.5インチLCDを用いており筐体も3Dプリンターで忠実に再現されています。




 使用されているパーツは以下の通りで、Apple IIc Raspberry Pi Model A+ CaseはShapewaysやEtsyでも購入可能ですが、Charles ManginさんはCaseの3DデータをThingiverseで公開してくれているので、3Dプリンターをお持ちの方は以下のリンクからどうぞ。(OSは Retro Pie や Apple II Piエミュレーターを使用すればRaspberry Pi上でもApple ProDOSを利用できるそうです)

関連リンク: