iOS 8の日本語キーボードでは「や」を長押しで括弧入力や50音配列などに新機能が追加。

スポンサーリンク

 iOS 8では日本語キーボードが進化しているようです。詳細は以下から。

 iOS 8ではサードパーティにキーボードが配向され、ATOKやSimejiなどが対応キーボードをリリース(予定)していますが、iOS 8純正のキーボードも進化しているようです。


iPad-日本語キーボード


かな入力の「や」を長押し

 iOS 8でかな入力を使用する際、括弧”「」”の入力が”や”のフリック/長押しで表示されるようになっています。


iOS7-and-iOS8-かな入力-や

iPadの50音配列

 iPadのキーボードには新しく「かな」オプションが追加されており、「あ行が左」の日本語キーボードが使用できるようになっています。


iPad-日本語キーボード-あ行が左

このオプションで50音配列を左右逆にいれかえて使用できます。


iPad-日本語キーボード-あ行が右左

iOS8と最新端末の注目機能を一挙紹介! iPhone6/6 Plusがわかる本
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-09-19

2014年09月20日 06時10分:画像修正しました。失礼いたしました。

コメント

  1. Apple7743 より:

    モバイルデバイスは持ってないから間違ってるかもしれないけど、
    あ行が左と右のキャプションは逆じゃないですか?

  2. Apple7743 より:

    いいね

  3. Apple7743 より:

    こういう変更をAppleもちゃんと教えてくれればいいのになぁ。
    いい仕事してるのに、もったいない。

  4. Apple7743 より:

    かな配列は今回も無しか。
    ローマ字より利用者が少ないのは分かるけど、ソフトで入れ使えれるんだからいい加減に使えるようにしてくれ。