Apple、macOS 10.12.4以降のMacに新しい再インストールオプション「Shift-Opt-CMD-R」を追加。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS 10.12.4以降でBoot時のキーコンビネーション「Shift-Option-Command-R」をサポートし、新しい再インストールオプションを追加したと発表しています。詳細は以下から。

 Appleは本日、macOS Sierraの4度目のメジャーアップデートとなる「macOS 10.12.4」をリリースしましたが、同バージョン以降のmacOSをインストールしたMacでは、macOSの再インストール手法に変更があると管理者向けに情報を公開しています。

How to reinstall macOS

Learn how to install the Mac operating system again on your Mac.

How to reinstall macOS – Apple Support

新しい再インストールオプション

 macOS 10.12.4以降をインストールしたMacで新たにサポートされる再インストール(Recovery)時のキーコンビネーションは「Shift-Option-Command-R」で、このキーコンビネーションはこれまで利用してきた「Option-Command-R」と同じく「Macに搭載されているmacOSか、それに最も近く、現在利用できるmacOSを再インストールする」という動作を取り、

 キーコンビネーション「Option-Command-R」は新たに「Macと互換性のある最新のmacOSにアップグレード」するという動作をする様になっているそうです。

キーコンビネーションと動作

キーコンビネーション 動作
Command-R 最新のバージョンにアップグレードせず、
Macに最後にインストールされていた
バージョンのmacOSを再インストールする。*1
Option-Command-R あなたのMacと互換性のある最新のmacOSに
アップグレードされます。*2
Shift-Option-Command-R
*macOS 10.12.4以降
Macに付属していたmacOSか、
それに最も近く現在利用できるmacOSを
再インストールされます。
  • *1 もしあなたがOS X El Capitanより前のOSがインストールされたMacを売却または譲渡する場合は、Option-Command-Rを利用しApple IDが関連付けされていないことを確認してください。
  • *2 まだmacOS Sierra 10.12.4またはそれ以降をインストールしていない場合、Option-Command-Rは、あなたのMacに付属していたmacOS、または入手可能なバージョンのうちそれに最も近いバージョンのmacOSを再インストールします。

 各キーコンビネーションを利用した際の再インストール方法は以上の通りで、最新のmacOSをインストールするためにはこれまで通りインターネット接続が必要となっています。

このキーコンビネーションをサポートするため、macOS 10.12.4アップデートにはファームウェア・アップデートが同梱されているので、アップデートする際は周辺機器などを接続せずに行うことをお勧めします。

コメント

  1. 匿名 より:

    Shift-Option-Command-Rの説明は
    「Reinstall the macOS that came with your Mac, or the version closest to it that is still available. 」
    「あなたのMacに付属していたmacOS、または入手可能なバージョンのうちそれに最も近いものを再インストールする。」
    じゃないでしょうか。

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      US/JPのサポートサイトを確認したところ、そちらの表現が正しいようでしたので、一部修正しました。ご確認いただければ幸いです。

      *JPのサポートサイトはまだ更新されていません。
      https://support.apple.com/ja-jp/HT204904

  2. 匿名 より:

    よくわからないんで試してみましたが今までの画面と変わらなかったですよ?