Apple、iTunes v12.6でミニプレイヤーのデザインを刷新し、アートワークを覆わないデザインに。

スポンサーリンク

 Appleは「iTunes v12.6」でミニプレイヤーのデザインを刷新しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2017年03月21日、”Watch Anywhere”機能を搭載した「iTunes v12.6」をMac App Storeおよび公式Webサイトで公開していましたが、このiTunes v12.6ではミニプレイヤーのデザインが刷新されていました。

曲が非再生の時のミニプレイヤー@iTunes v12.6

ミニプレイヤー(アートワーク有り)

 iTunes v12.6で採用された新しいミニプレイヤーのデザインは以下の通りで、iTunes v12.5.xと比較してアートワークの上部を覆っていたタイトルやアーティスト名などが無くなっており、

一定時間経つと、コントローラーが隠れタイトルなどが表示されるようになっています(以下GIF動画参照)。

ミニプレイヤー(アートワーク無し)

 アートワーク表示時に消えてしまったタイトルは、ミニプレイヤーのアートワーク無し表示にする事で表示されますが、その際はiTunes v12.5で表示されていた小さなアートワークは表示されなくなっています。

 iTunes v12.6ではv12.5と同様、ミニプレイヤーにマウスカーソルを合わせることでコントローラーが表示され、一定時間経つとタイトルなどに変更されるので、アップデートされた方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    どうでもいいことですが、最後の。が二つになってます!
    (わざとじゃないといいですが笑)

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。先程修正しましたので、キャッシュクリア後に正しい表示「。」になると思います。

  2. 匿名 より:

    アートワーク隠れるのクソだと思ってたが変えたのか
    アイディアの段階でボツにしろって感じ

  3. 匿名 より:

    正方形になるように下辺をドラッグすればアートワーク隠れる表示もできまっせ

  4. 匿名 より:

    アートワークの表示無くしたのに前よりでかくなったUIが意味不明。
    直接タッチする訳でもないのに。