Hyper、MacBook ProのThunderbolt 3をHDMIやSDカードリーダーなど7ポートに拡張できるコンパクトなアダプタ「HyperDrive」の開発資金を募集中。

スポンサーリンク

 Hyperが新しいMacBook ProのThunderbolt 3 x2ポートをHDMIやSDカードリーダーなど7ポートに拡張できるコンパクトなアダプタ「HyperDrive Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub for MacBook Pro(以下HyperDrive)」の開発資金を募集しています。詳細は以下から。

hyper-hyperdrive-logo-icon

 米サードパーティ製メーカーSanhoのHyperブランドが、新しいMacBook ProのThunderbolt 3(USB-C)ポートをHDMIやUSB 3.1, SDカードリーダーへ変換できるコンパクトなアダプタ「HyperDrive」の開発資金をKickstarterで募集しています。

World’s Most Compact, Fastest 45Gbps Thunderbolt 3 USB-C hub for MacBook Pro. Adds HDMI, USB 3.1 x 2, microSD/SD, Thunderbolt 3 & USB-C

HyperDrive™ Compact Thunderbolt 3 USB-C Hub for MacBook Pro by HYPER by Sanho Corporation – Kickstarter

 HyperDriveは新しいMacBook Pro Late 2016のThunderbolt 3 x2ポートを、HDMI, Thunderbolt 3, USB-C, microSD/SDカードリーダー, USB 3.1 Gen 1×2ポートを変換してくれるアダプタで、

hyperdrive-thunderbolt3-hero

これら全てのインターフェイスが1つのエンクロージャーに収まっているため、他のアダプタやドングルよりコンパクトに扱うことが可能で、その他以下の様な特徴があるそうです。

  • MacBook Pro Late 2016に旧MacBook Pro以上の拡張性を付加
  • HDMIポートは1080p@60Hzと4K@30Hzをサポート
  • USB-PDに対応し、最大100Wの電力供給が可能
  • MacBook Pro 13および15インチをサーポート
  • カラーはスペースグレイとシルバー
  • データ転送速度はThunderbolt 3が40Gbps、USB-CとType-Aは5Gbpsをサポート

レビュー

 HyperDriveは既にBGR9to5Macで取り上げられ、12月5日のキャンペーン開始から残り42日を残して目標資金の100,000ドルを上回る145,000ドルを集めているため、2017年3月以降に製品化される見込みとなっており、

Hyperの小売価格は99ドルで、既に9to5Macにサンプル品を送りレビューも公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。(*日本ではact2さんが取扱を行うと思います)