Touch BarをDockやアプリランチャーとして利用できるアプリ「Rocket」がアップデートし、フォルダショートカットなどをサポート。

スポンサーリンク

 Touch BarをDockやアプリランチャーとして利用できるアプリ「Rocket」がアップデートし、フォルダショートカットなどをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

touch-bar-rocket-logo-icon

 「Rocket」はデザイナーでiOSエンジニアのJulian Thaynさんが開発しているTouch BarをDockやアプリケーションランチャーとして利用できるユーティリティアプリですが、このRocketがv0.7(beta)となりフォルダショートカットなどをサポートしています。

touch-bar-launcher-rocket-support-folders

  • v0.7
    • Rocket Touch Bar is now fully customizable (go to customize->Touch Bar in settings)
    • Use and add folder shortcuts (go to customize->Folder Shortcuts in settings)
  • v0.6
    • Updated app icon
    • Customizable keyboard shortcut

カスタマイズ

 Rocket v0.7ではmacOSデフォルトのTouch Barカスタマイズ機能が有効になっており、アプリを変更する[Open Apps Expanded]やDockに設定されているアプリを表示する[Dock Apps], 新しく追加されたフォルダショートカット[Folder Shortcuts]などを表示できるようになっています。

rocket-support-touch-bar-custome

フォルダショートカット

 フォルダショートカットは設定したフォルダにTouch Barをワンタップすることで開くことが出来る機能で、Rocketアプリの[Customize] → [Folder shortcuts]から任意のフォルダを追加することが出来ます。

rocket-app-folder-shortcut
folder-on-rocket-touch-bar

キーボードショートカット

 キーボードショートカットはRocket v0.6で追加された機能で、Rocketアプリの[Customize] → [Keyboard shortcut]からTouch BarをRocketに切り替えるショートカットキーを設定できます。

keyboard-shortcut-call-rocket

 Rocketは現在Beta版ですが無料で利用可能で、フォルダショートカットがサポートされたことでDockのほぼ全ての機能をRocketから利用できるようになっているので、Touch Bar付きのMacBook Proを購入された方は試してみてください。