スマートIoT照明「Philips Hue」やリーダーモード、スクリーンショット添付機能などを搭載した「Vivaldi v1.5」がリリース。

スポンサーリンク

 スマートIoT照明「Philips Hue」やリーダーモード、スクリーンショット添付機能などを搭載した「Vivaldi v1.5」がリリースされています。詳細は以下から。

Vivaldi Icon

  ルウェーVivaldi Technologies ASがクロスプラットフォーム対応のWebブラウザ「Vivaldi v1.5」を正式にリリースしています。Vivaldi v1.5では新たにスマートIoT照明「Philips Hue」のサポートやリーダーモードへ簡単に切り替えられるボタンがアドレスバー横に追加されています。

vivaldi-v1-5-hero

New and improved tab functionality, reader mode and a smart-home lighting integration that will change the way you think about what a web browser can be – read on for the details or get down to business and download Vivaldi now

Lighten up your Day with Vivaldi Browser – Vivaldi Web browser Community

Philips Hue

 Vivaldi v1.5で新たにサポートされた「Philips Hue」はPhilips社が開発しているIoT照明で、Vivaldiで閲覧中のWebサイトのカラーに合わせてPhilips Hubのカラーが変わるそうです。

環境設定の[テーマ]パネルに[フィリップスヒューのテーマと統合]という項目が追加されており、ここからローカルネットワーク内にあるPhilips Hueの照明を検索できるようです。

ノートにスクリーンショット

 VivaldiにはサイドバーにWebページの説明やメモを付けられるノート機能がありますが、v1.5ではここにメモしたWebページのスクリーンショット(jpg)を自動的に撮影し、添付してくれる機能が追加されています。

vivaldi-v1-5-note-ss2

環境設定の[パネル]タブ → [☑Fetch Screenshot for New Notes]というオプションが追加されています。

リーダーモード

 リーダーモードは各WebサイトでCSSを統一し、記事を読むことに集中できる機能ですが、Vivaldi v1.5ではこのリーダーモード切替ボタンがアドレスバー横に追加されています。

vivaldi-v1-5-reader-mode

タブの移動

 新しいタブの移動方法はプロモーション動画でも紹介されている通り、複数のウィンドウでWebサイトを開いている際、ウィンドウからウィンドウへタブを1つ1つ移動するのではなく、複数のタブをドラッグして一度に移動できるようになっています。

vivaldi-v1-5-tab-select