AppleのHypervisorを利用した仮想マシン構築アプリVeertuがブリッジネットワークやUSBをサポートした「Veertu Desktop」をオープンソースで公開。

スポンサーリンク

 AppleのHypervisorを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu」がブリッジネットワークやUSBをサポートした「Veertu Desktop」を無料で公開しています。詳細は以下から。

Veertu Icon

 米&ウクライナのソフトウェア会社Veertu Software Ltd.は現地時間2016年10月26日、AppleのHypervisorフレームワークを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu」をブリッジネットワークやUSBに対応させた「Veertu Desktop」を新たに公開したと発表しています。

This product release addresses some of the key items from the user feedback. It includes support for bridged networking and USB Pass Through and is now available as Veertu Desktop download outside the AppStore on our website. While we are very excited about being able to continue development on Veertu Desktop, we are also sad about taking this application out of the App Store.

Listening, Growing and Adapting

VeertuとVeertu Desktop

 Veertu DesktopはMac App Storeではリリースされず、公式サイトで配布されており、これはブリッジネットワークやUSBをサポートするためAppleのSandboxの制限を超える必要があったからだとVeertu Softwareは説明しており、

veertu-desktop-hero

また、Veertu SoftwareはVeertu Desktopをオープンソース化し”Veertu Desktop Hosted Hypervisor(VDHH)”としてGitHubで公開。今後はApp Store版を一度取り下げ、VDHHを中心に開発を続けていくとしているそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。

We are also excited about one more thing. We are making Veertu Desktop Open source. It will be available on https://github.com/veertuinc/vdhh and will continue to be developed and maintained.

Listening, Growing and Adapting

*Veertu Desktopは現在のところあまり安定していないようですが、Veertu SoftwareはVeertu DesktopにVeertuからの移行機能やアップデート機能も搭載しており、macOSゲストもサポートする方針のようです。

コメント

  1. 匿名 より:

    今までは課金機能だったWindowsやLinuxのISOインストールも解放されるのかな?
    無料になると比較対象がParallels・FusionからVirtualBoxになる
    OSS界隈には良いことだけど購入済みの人へのサポートはどうするんだろうか