Logitech、macOS 10.12 Sierraでマウスの一部機能が利用できない不具合を修正した「Logitech Control Center」を公開。

スポンサーリンク

 米LogitechがmacOS 10.12 Sierraでマウスの一部機能が利用できない不具合を修正した「Logitech Control Center」を公開しています。詳細は以下から。

logitech-control-center-logo-icon

 キーボードやマウスなどの入力機器の開発&販売を行っている米サードパーティ製メーカーのLogitechは現地時間9月22日、macOS 10.12 SierraへアップグレードしたMacで同社のマウスの「戻る」や「進む」ボタンなどの一部機能が使用できなくなっていた不具合を修正した「Logitech Control Center v3.9.5」を新たに公開したと発表しています。

logitech-control-center-support-sierra

We’re glad to inform you the Logitech Control Center (LCC) for OS Sierra is now available, please download the latest version at: http://support.logitech.com/en_us/software/logitech-control-center-for-macintosh-os-x

Logitech Control Center on latest MacOS 10.12 Sierra – Logitech Support

 ただし、同バージョンをインストールしたLogitech Support Forumの一部のユーザーがMacがクラッシュしたという報告を書き込んでいるので、利用する方は注意してください。