MacBook Pro Late 2016で画面のグラフィックスが乱れる不具合はmacOS Sierra 10.12.2アップデート後にも一部続いているもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 MacBook Pro Late 2016で発生していた画面のグラフィックスが乱れる不具合はmacOS Sierra 10.12.2アップデート後にも一部続いているようです。詳細は以下から。


 Appleは本日リリースした「macOS Sierra 10.12.2」で10月に発売されたMacBook Pro Late 2016のTouch Barやグラフィックスに関するいくつかの不具合を修正したと発表していますが、MacRumors ForumやTwitterなどによると、macOS 10.12.2アップデート後でもMBPでグラフィックスが乱れる問題はまだ続いているようです。

macOS Sierra 10.12.2アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびパフォーマンスが改善され、すべてのユーザに推奨されます。

Apple、MacBook ProのグラフィックスやTouch Barの不具合などを修正した「macOS Sierra 10.12.2 アップデート」をリリース。

 Forumのコメントを見る限りでは、まだ不具合が続いているのはdGPUを搭載したMacBook Pro Late 2016 15インチモデルやAdobe Premiereなどを利用した場合のようなので、アップデート後も不具合に遭われている方は一時的な解決策として「☑グラフィックスの自動切り替え」オプションをOFFにし、Appleのサポートに連絡してみてください。

Well, not that I’m the least bit surprised but the 10.2.2 release didn’t fix a thing.

Defect Confirmation | Page 2 | MacRumors Forums

Just a quick update. I’ve installed the latest 10.12.2 (official) which replaces 10.12.2 (beta) I’ve been running.

My graphics glitches are still there unfortunately. They are still intermittent but I can almost always force them to happen on demand by launching migration assistant, quitting migration assistant and then log in to any use profile.

Graphic card freaks out with brand new MBP 2016 | Page 22 | MacRumors Forums

コメント

  1. 匿名 より:

    MacはGPU関連の不具合が多すぎるよ

  2. 匿名 より:

    ホントにソフト的な問題?
    15インチのMBPあるあるで数年後に大量リコールだったりして・・・。

  3. 匿名 より:

    昨夜アプデがあったようで
    立ち上げたら真っ黒にカーソルだけぽつり

    スペシャリストと話して
    10.12.1にバックアップから戻したら改善した

    しばらく自動アプデは切った

    MBP 2011 15インチ
    去年、リコールでグラポ交換品

  4. 匿名 より:

    俺は10.12.2で、MBPR2012のkernel_task暴走が治まった感じだわ

    あちらを立てればこちらが立たず…かねえ