Apple、「Safari Technology Preview 11」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleが開発者などに向けて「Safari Technology Preview v11」を公開しています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間8月17日、次期Safariへ搭載が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビューSafari版「Safari Technology Preview」の11度目のアップデートとなる「Safari Technology Preview v11」を公開しています。

Release Notes for Safari Technology Preview Release 11
Aug 17, 2016
Safari Technology Preview Release 11 is now available for download for both macOS Sierra betas and OS X El Capitan. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 203771–204289.

Release Notes for Safari Technology Preview Release 11

 STP v11はJavaScript, Web APIs, ApplePay, Web Inspector, MathML, CSS, Rendering, Media, Rendering, AccessibilityやContent Blockers修正や機能の追加などが行われており、OS X v10.11.4 El Capitan以降およびmacOS v10.12 beta 6上で利用可能となっています。

 また、Safariの開発を行っているRicky Mondelloさんによると、今回リリースされたSTP v11はSafari v10より新しいものとなっており、WebKitのBuildバージョンもSTP v11の方が上となっているので、Betaユーザーの方は確認してみてください。