ターミナルからMacのボリュームやWi-Fiなどのシステム設定を行えるコマンドラインツール「m-cli」がリリース。

スポンサーリンク

 ターミナルからMacのボリュームやWi-Fiなどのシステム設定を行える「m-cli」がリリースされています。詳細は以下から。

Terminal-logo-icon

 m-cliはGabriel Guarinoさん公開した「Mac CLI」をベースにRogelio CedilloさんがLAMP, SSHなどパッケージに依存した機能を省き、Macのシステム設定のみをターミナルから行えるようにしたコマンドラインツールです。

m-cli-swiss-army-knife-for-Mac-OS-X

 m-cli
💥 Swiss Army Knife for Mac OS X !
Thanks
guarinogabriel/Mac-CLI was a great source of inspiration.

rgcr/m-cli:  Swiss Army Knife for Mac OS X – GitHub

インストール

 インストールは以下のコマンドをターミナルに入力し、m-cliをダウンロード(curl)してインストールするだけで、「m」コマンドが利用できるようなり、

curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/rgcr/m-cli/master/install.sh | sh

以下のオプションを付けて実行することで、Macのシステム設定やハードウェア状態を確認することが可能となります。

  • help : ヘルプ
  • battery : バッテリー状態
  • bluetooth : Bluetoothの状態/ON/OFF
  • dir : ディレクトリをtree構造で表示, 空のディレクトリを削除
  • disk : ディスクのマウント, Eject, フォーマットなど
  • dns : DNSキャッシュをリセット
  • dock : Dockの位置や自動的に隠す, 拡大などの設定
  • finder : Finderに隠しファイルを表示, 状態の確認
  • firewall : FirewallのON/OFF, 状態の確認
  • gatekeeper : GatekeeperのON/OFF, 状態の確認, ルールリストを表示
  • hostname : 現在のホストネーム情報の表示
  • info : macOSのバージョンを確認
  • lock : スクリーンロック
  • ntp : NTPサービスのON/OFF, 状態の確認
  • network : ネットワーク情報の表示
  • nosleep : スリープ設定
  • restart : システムのリスタート
  • safeboot : セーフブート
  • screensaver : スクリーンセーバーの実行
  • service : macOSのサービス情報の表示, サービスのStart/Stop
  • shutdown : macOSをシャットダウン
  • sleep : macOSをスリープ
  • timezone : 現在のタイムゾーンを確認, 設定
  • trash : ゴミ箱情報の確認, 削除
  • user : macOSのユーザーリスト表示, ユーザー作成
  • volume : ボリュームレベルの設定, ミュート
  • vpn : VPN接続情報の表示, VPNへの接続/停止
  • wallpaper : 壁紙の設定
  • wifi : Wi-Fiの情報の表示, スキャン, 接続情報, 接続/停止

コメント

  1. 匿名 より:

    記事に紹介されている方法ではインストール出来ませんでした。なのでgithubのページに行って、INSTALL_DIRを指定する方法でホームディレクトリにインストールして/usr/localに移動しました。