macOS 10.12 SierraではEl Capitanで削除されていたディスクユーティリティのRAID設定が再び利用可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 SierraではEl Capitanで削除されていたディスクユーティリティのRAID設定が再びサポートされるようです。詳細は以下から。

DiskUtility-logo-icon

 MacRumorsによると、現在開発者向けに公開されているmacOS 10.12 Sierra Betaでは、OS X 10.11 El Capitanのディスクユーティリティで削除されていたRAID設定を行う「RAIDアシスタント」が再び利用可能になっているそうです。

Disk-Utility-Yosemite-and-El-Capitan-RAID

Apple has reintroduced the ability to create and manage RAID volumes in Disk Utility on macOS Sierra, pleasing a number of Mac users who were left disappointed when the functionality disappeared in OS X El Capitan.

macOS Sierra Tidbits: Apple File System, RAID Support, and More – Mac Rumors

 macOS 10.12 SierraでサポートされるRAID設定はYosemiteのディスクユーティリティと同様のストライピング(RAID 0), ミラーリング(RAID 1), 連結(JBOD)の3つで、これによりサードパーティ製アプリやdiskutilコマンドでの操作が不要になると思われます。

RAID-Assistant-macOS-Sierra

コメント

  1. 匿名 より:

    キター!これを待ってました!!

  2. 匿名 より:

    複数のパーティションに同時にFirst Aidできるのも復活させてくれんかねえ。
    El Capitanのは色々削りすぎなんだよ。

  3. 匿名 より:

    Apple擁護したくてRAIDなんかもう必要ないって大合唱してた人たちの立場が無えな

  4. 匿名 より:

    遅いよ…コマンド覚えちまったよ。まぁ良い勉強になったが。